Stacks Image 193392
友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society
Stacks Image 193389
過去の活動実績
Stacks Image 193418

友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society

過去の活動実績
2012年8月1〜2日
友情の架け橋コンサート2012/友情の架け橋青少年コンサート2012/東日本復興支援「手仕事展」
Stacks Image 48146
友情の架け橋音楽国際親善協会主催で、2012年8月1日、2日に、東京でアジアを巻き込んだ企画を展開。アジアフィルハーモニー管弦楽団公演「友情の架け橋コンサート2012」、 千葉県少年少女オーケストラと韓国釜山のアロイシウスオーケストラの合同演奏「友情の架け橋青少年コンサート2012」、 そして東日本大震災からの復興を願い東北の工芸品を集めた「手仕事展」を開催しました。
Stacks Image 298684
友情の架け橋コンサート2012
チョン・ミョンフン指揮
アジア・フィルハーモニー管弦楽団


「友情の架け橋コンサート2012」は8月2日午後7時より、東京サントリーホールにてチョン・ミョンフン指揮、シューベルト作曲「交響曲第7番<未完成>」、 ベートーヴェン作曲「交響曲第3番<英雄>」が演奏され、聴衆を釘付けにしました。マエストロの力強い演奏は躍動感があり、夏の暑い夜をより篤く、皆を感動で沸かせました。
Stacks Image 48148
東日本復興支援「手仕事展」について

友情の架け橋音楽国際親善協会では、2011年3月11日の大震災により東日本の伝統陶芸の窯や工房が大きな被害を受けたのを目の当たりにし、 8月1日、2日と、伝統工芸とその現状のAwareness(認識)運動の一環としてサントリーホール前で「手仕事展」を開催しました。 福島県の会津本郷焼をはじめ、茨城県、栃木県など東日本の焼物を展示即売。 また、同時に東日本復興支援活動として「手仕事展」の会場、及び演奏会場にて募金活動を行い、栃木県益子町東日本震災復興推進基金に寄付をさせていただきました。
Stacks Image 48157
こどもの教育支援
友情の架け橋青少年コンサート2012
日韓国際交流
千葉県少年少女オーケストラと
アロイシウス オーケストラ

8月2日午後2時から、サントリーホールで「友情の架け橋青少年コンサート2012を開催しました。今年は、千葉県少年少女オーケストラと韓国釜山のアロイシウス・オーケストラが合同でマーラー作曲「交響曲第1番<巨人>」を熱演しました。チョン・ミョンフン氏の息子、チョン・ミンが指揮をし、言葉も文化も異なる若者達が見事に競演した友情の音楽は、聴衆の心を打ちました。波打つ拍手と感極まって涙をぬぐう聴衆が、厳しい練習を重ねた子供達に音楽の力をあらためて感じさせる貴重な経験となりました。
Stacks Image 48171
サントリーホールでの合同演奏、リハーサル風景。
2011年8月1日
音楽之友社創立70周年記念特別企画 指揮者、チョン・ミョンフンの「トーク&室内楽」
Stacks Image 298686
友情の架け橋音楽国際親善協会と音楽之友社主催で音楽之友社創立70周年を記念し、音楽の友ホールにて、「指揮者 チョン・ミョンフンの『トーク&室内楽』」を開催しました。
第一部は三村京子(当協会理事長)の司会と通訳で、マエストロ チョン(当協会名誉会長)の音楽に懸ける情熱と意気込みや今後の音楽人生について、軽快に語っていただきました。人前で話すことを好まないことで知られるマエストロであるため、このような珍しい機会に聴衆は感動に包まれました。

第二部ではチョン・ミョンフン氏自らピアノを、アジア・フィルハーモニー管弦楽団の主席メンバーとブラームズのピアノ四重奏曲第3番が演奏されました。チョン氏と協演したのは、シカゴ交響楽団コンサートマスターで今回アジア・フィルのコンサートマスターを務めたロバート・チェンさん(ヴァイオリン)、ソリストとして世界各国で活躍するヤン・ソンウォンさん(チェロ)、そして東京フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ主席の須田祥子さんでした。素晴らしい演奏に聴衆は酔いしれ、喝采の渦で会は終了しました。
Stacks Image 48291
関連リンク:音楽之友社
http://www.ongakunotomo.co.jp/kagutsu/k68.html
2008年
パリ公演 日仏交流150周年記念「友情の架け橋」グランドコンサート
Stacks Image 298688
「友情の架け橋」グランドコンサート(Concert de l'Amiti Franco-Japonaise)と題し、フランス共和国大統領ニコラ・サルコジのハイ・パトロナージュを得て、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre Philharmonique De Radio France)と、同楽団首席指揮者チョン・ミョンフン氏、ヴァイオリニスト樫本大進氏の演奏で、日仏交流150周年記念の特別演奏会をパリ市にて開催。
2008年 パリ公演
日仏交流150周年記念「友情の架け橋」グランドコンサート
フランス共和国大統領ニコラ・サルコジ ハイ・パトロナージュ( 特別後援 )事業


主 催 : 友情の架け橋音楽国際親善協会
名誉会長: チョン・ミョンフン
理事長: 三村京子

共 催 : ラジオ・フランス フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
会 長: ジャン=ポール・クルーゼル
パリ商工会議所 日仏経済交流委員会
会 頭: ピエール・シモン
後 援 : 在仏日本国大使館、国土交通省、経済産業省、フランス・ユニセフ協会
協 力 : 在仏日本商工会議所、ジェトロ・パリセンター
Stacks Image 48350
2008年12月8日
パリ公演 音楽体感絵画教室
Stacks Image 298690
12月8日のコンサートに日本人学校、パリのサン・ジェルマン インターナショナルスクールと一般の青少年が参加しているユニセフ校が参加しました。 様々な美術や作曲活動をフランス放送フィルハーモニー管弦楽団のメンバーと共に実行しました。
11月17日、パリ インターナショナルスクール2クラスで管弦楽団のメンバーによる出張演奏等により、 楽団員とともに子供たちは音楽と絵画を学びました。(当協会提案の「音楽体感絵画教室」。) 12月1日、日本人学校100名以上の生徒の前でオーケストラの管楽器の奏者が出張演奏会を開催。 12月8日に演奏される曲について話をし、ミニコンサートをした上で、絵を描いたりするプログラムを開催しました。
また、パリのユニセフキッズ(ユニセフこども教育教室)と音楽と絵画教室と作曲教室を開催。 有志75名にマエストロ チョン・ミョンフンとの作曲ワークショップではマエストロとオーケストラのメンバーが子供たちの作曲した音楽を実際に演奏し、 大いに楽しみました。音楽体感絵画教室では他の有志75名が参加して楽しんでもらいました。 本番のコンサートでは、彼らの絵が舞台で展示されました。 友情の架け橋の主催教室に参加した子供たちは、友情の架け橋コンサートに招かれました。
Stacks Image 48431
フランスユニセフ協会のユニセフキッズ・作曲と絵画のワークショップ風景
Stacks Image 48439
モデスト・ムソルグスキー( 1839-1881年 )作曲「 展覧会の絵 」に触発されて描かれる子供達の絵
2008年
人形浄瑠璃文楽「花見の宴」特別文楽公演
Stacks Image 298695
日仏修交150周年記念・パリ公演組の帰国祝いを、東京青山にて開催。
日本のUNESCO指定・世界無形文化遺産を、NPO法人「間」と共催。
寿二人三番叟、本朝廿四孝、奥庭狐火の段を、太夫の豊竹英大夫、豊竹希大夫、三味線の鶴澤燕三、鶴澤清志郎、鶴澤清馗、人形の桐竹勘十郎、吉田簑二郎、吉田勘弥、吉田勘市、吉田一輔、吉田簑紫郎、吉田簑次、桐竹勘次郎、そして鳴物の望月太明藏社中が熱演。
拍手喝采を浴びました。
また、世界に発信するため、アラビア語放送の中東テレビを入れ、ニュース特集で繰り返し放映されました。
2008年
友情の架け橋コンサート2008
Stacks Image 298697
Stacks Image 48587
「友情の架け橋」は音楽を通して国際交流の場を民間から提供してきました。第四回目は日本ユネスコ国内委員会及び国連大学の協力を得て、こどもと国際交流の内容を更に発展させ、2008年1月、国立東京博物館・平成館で開催。
チョン・ミョンフン氏(ピアノ)、樫本大進氏(ヴァイオリン)、趙静女史(チェロ)、須田祥子女史(ヴィオラ)による室内楽演奏会を皇太子殿下は臨席され、同会場に11校(公立、私立、インターナショナル校)の小学生も参加して、会場は賑やかで温かい空気に包まれました。
友情の架け橋コンサート2008実行委員長 兼ユネスコ親善大使 平山郁夫氏(左)
会場内の様子(中)
演奏者:右からチョン・ミョンフン氏、趙静氏、須田祥子氏、樫本大進氏(右)
2008年
「友情の架け橋」こどもの音楽交流
友情の架け橋実行委員会は、日本ユネスコ国内委員会及び国連大学と連携し、子供達に音楽を通して国際理解の推進、相互理解の深化、そして持続可能な社会の担い手作りを目指す「国連・持続発展教育(ESD) の10年」の周知活動に貢献しました。
新宿区立西戸山小学校、江東区立東雲小学校、東京文化小学校、東京韓国学校、横浜山手中華学校、ブリティッシュ・スクール・イン・東京、西町インターナショナルスクール、リセ・フランコ・ジャポネ・ド・東京、桐朋小学校他、計11校の児童が参加しました。
Stacks Image 48648
Stacks Image 48652
2007年
友情の架け橋コンサート2007
「友情の架け橋」ガラコンサートとレセプションは更に飛躍を遂げ、日本と関係各国との友情と平和を「友情の架け橋2007」実行委員会主催で2007年1月に開催。 皇太子殿下(ヴィオラ)、チョン・ミョンフン氏(ピアノ)、樫本大進氏(ヴァイオリン)、趙静女史(チェロ)、アン・ドンヒョク氏(コントラバス)による室内楽がサントリー・リサイタルホールで演奏されました。 また、「子供のための友情の架け橋」として、三カ国(日本、韓国、中国)の青少年を本番前日の公開リハーサルに招待し、音楽を通して次世代のための国際親善交流の場を提供しました。
Stacks Image 48703
会長:豊田章一郎氏ご挨拶 トヨタ自動車株式会社取締役名誉会長(左)
副会長:波多野敬雄氏ご挨拶 学習院長・元国連大使(中)
コンサート風景(右)
2007年
「友情の架け橋」こどもの音楽交流
日本で勉強をしている韓国、中国の子供達を招待し、日本の学校との交流と教育のミッションを行いました。
東京韓国学校、横浜山手中華学校、桐朋音楽大学子供のための音楽教室及び桐朋小学校の児童200名以上が、当協会の主催する「クラシック音楽体感絵画教室」に3ヶ月にわたって参加しました。教室最終日はコンサートへの招待。友情の架け橋特別公開リハーサルに、合わせて170名の児童を招きました。会場は子供達の絵に囲まれ、終始賑やかでした。
Stacks Image 48745
2005年
第二回「友情の架け橋」コンサート
日韓の特別な友情の絆を絶やしてはならないと、第二回「友情の架け橋」コンサートとレセプションが日韓友好年(国交正常化40周年)を祝って、2005年7月、財団法人日本民藝館で開催。チョン・ミョンフン氏(ピアノ)、チョン・ミョンファ女史(チェロ)、五嶋龍氏(ヴァイオリン)による演奏会に皇太子殿下は臨席され、友情の協演に会場は再び暑く沸き立ちました。
Stacks Image 48794
左から 皇太子殿下、岡崎真生氏、柳宗理館長、羅鍾一韓国大使(左)
演奏風景(中)
演奏を終えて、チョン・ミョンフン氏ご挨拶(右)
2004年
第一回「友情の架け橋」コンサート
第一回「友情の架け橋」コンサートとレセプションは2004年7月、日韓友情(日本民藝館と韓国との友好90周年)を記念して財団法人日本民藝館で開催。
皇太子殿下(ヴィオラ)、指揮者チョン・ミョンフン氏(ピアノ)、ミッシャ・マイスキー氏(チェロ)、荒井英治氏(ヴァイオリン)による室内楽演奏。
演奏者達の友情から生まれた演奏会は、多くの方々の熱心な応援と支援によって実現しました。当日、日本と韓国を代表する文化、教育、経済等の有識者が招待されました。民間から発信された友情と平和のメッセージは衝撃的であり、出席者を感動と興奮で沸かせました。マスコミ、特に韓国における報道各社は「歴史を変えた」めでたい出来事として大きく報道されました。
Stacks Image 48847
ミッシャ・マイスキーチェリスト Photo : DorotheeFalke(左)
(財)日本民藝館理事長 小林陽太郎氏ご挨拶(中)
リハーサル風景(右)
Stacks Image 288151

ジャパン・オルフェオ公式ページ