Stacks Image 193556
友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society
Stacks Image 193553
Stacks Image 193576

友情の架け橋音楽国際親善協会
Friendship Bridge Classical Music and Arts Society

過去の活動実績
 活動の分野
クラシック音楽 
Stacks Image 40856
クラシック音楽を通して世界の平和の「架け橋」を実現したい。
音楽に息づく「情熱」という表現は音楽に触れたものの感性を呼び覚まし、全く新しい世界 観を伝える。それこそが芸術と呼べるでしょう。
クラシック音楽は人間の魂に直接働きかける力をもっています。 当協会はクラシック音楽を 通して音楽の持っているコミュニケーション力で、世界の平和の「架け橋」を実現したいと 考えております。
Stacks Image 30906
Stacks Image 30908
Stacks Image 30910
写真左・樫本大進氏「演奏家と話そう!」(友情の架け橋青少年プログラム 2013年)
写真中・「学校訪問スペシャルコンサート」(ハノイ市キムリエン高等学校、2015年)
写真右・日本太鼓財団と共催チャリティーコン サート(2014年)
国際交流 
Stacks Image 31752
文化の国際交流の「架け橋」となり、
日本の文化を世界に、世界の文化を日本に発信しています。

友情の架け橋音楽国際親善協会は文化の国際交流の「架け橋」となり、日本の文化を世界に、世界の文化を日本に発信しています。 2012年5月に公表された、英BBCワールドサービス放送が日本の新聞社など22カ国で共同実施した国際世論調査において「世界によい影響を与えている国」の1位に日本が選ばれました。 国の魅力は、文化・経済・教育等多くの要素で語られますが、最終的には国民1人1人の魅力(自覚)につきると思います。 政治外交関係が硬直しているいまだからこそ民間主導の文化交流を積極的に展開し、ほぐしていくことが必要です。
Stacks Image 31773
Stacks Image 31775
Stacks Image 31777
伝統文化・芸術 
Stacks Image 40860
一緒に企画し、一緒に楽しみ、一緒に学びませんか?
伝統文化は、日本に古くからあった芸術と技能のことであり、日本固有の文化です。 昔、文化の先進国であった中国から流入したものを日本独自のものに作り変えたものも多く、工芸、芸道、演劇、絵画、音楽、舞踊、詩歌等があります。芸道とは芸能・演芸の道であり、大衆的な演劇、舞踊、音楽、落語、漫才、などの芸を言います。また、演劇の中には能楽、歌舞伎、文楽、狂言がありますが、これら全てが日本人の生活に密接に関わっていた文化であり、これからも伝承されていくことが必要です。
Stacks Image 31903
人形浄瑠璃文楽
高度な演劇性と音楽性を持った義太夫節と世界に類例のない三人遣いの人形により洗練された芸術。能楽、歌舞伎と共に日本の三大国劇の一つに数えられ、国の「重要無形文化財」に指定されています。「みんなで文楽を知ろう!」を目的に、私達は文楽の企画や公演をしております。
Stacks Image 31914
浪曲/落語/音曲
それは語りから始まった・・・日本は世界一、語り芸の多い国です。日本の近代史学上、幕末維新期から三味線の伴奏がついて浪曲は爆発的に流行。大正14年にラジオの普及が始まると浪曲、講談、落語が代表的なメディアになっていきました。そして時代は変わり、平成の「女性浪曲師」玉川奈々福が登場。私たちは、日本の語り芸の世界を提供します。
Stacks Image 31942
民藝/工芸
古来日常で使う実用品に美しさを見出した(用の美)の日本人の美意識。衣食住にまつわる生活の文化として現在も継承されています。講演会、工芸家の実演、展示や即売会などを行っております。
Stacks Image 31928
古民家
民家は何故人を惹きつけるのでしょうか? 日本の民家の文化は「木」と「様式」とともに歩んできたと言えます。 つまり、風土を背景にした生活の中からスタイルが生まれてきました。 私達は使われていない古民家を探しています。心当たりのある方は是非連絡を下さい。 古民家の再生・地域に必要とされる古民家を支援しています。
文化講演会 
Stacks Image 40862
人を思いやる「こころ」と、日本文化の「再発見」
日本では経済的に失われた20年、その後の2011.3.11.東日本大震災、津波、そして原発問題など・・・。 私たちが学んだことは、人を思いやる「こころ」と、日本文化の「再発見」です。 講演会の目的は、人として豊かに生きる上で、視野を広く、新たな考え方や価値観を吸収し、 未来への次のステップに少しでも影響を与えられるような、「無意識だったことを意識する」というものです。 私達は日本の文化と、異なる国の文化に触れ、文化の再発見に力を注いで、日本語と英語で講演しています。
Stacks Image 31717
Stacks Image 31720
Stacks Image 31723
写真左・待講演「柳宗悦の民藝について」
写真中・
出版記念にて
写真右・特別講演「デザイナー柳宗理」について
過去の活動実績
 ご支援のお願い
NPO法人友情の架け橋音楽国際親善協会の活動は、個人・法人の皆様から寄せられる会費、ご寄付、協賛金、助成金で運営されています。 私達の推進する音楽と文化活動の趣旨にご賛同いただき、ご支援、ご協力くださる皆様にお願いしております。 賜りました会費や寄付金は出演者、関係者、スタッフ等の人件費、公演や展示会場の使用料など、各事業の開催のために大事に使わせていただきます。 これからも、皆様と共に喜ばれ、心に残る文化活動を提供し、進めてまいる所存です。 皆様におかれましては、趣旨をご理解いただき、ご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます。

     友情の架け橋音楽国際親善協会
     理事長 三村 京子
Stacks Image 152537
Stacks Image 288097

ジャパン・オルフェオ公式ページ